2017年03月25日

長寿革命の実現が目の前に来ています

2017年3月21日、アメブロの投稿記事『長寿革命の安保徹の突然死?を前に、「長寿革命」の語り部になることを改めて自覚しました』に加筆訂正したものです。

http://ameblo.jp/m-hayakawa/entry-12258241589.html



長寿革命の先駆者の一人、免疫学で世界的に有名な安保徹・新潟大学名誉教授(69歳)が昨年12月6日に急死されました。死因は大動脈解離とされていますが、暗殺ではないかとささやかれているのも事実で、きな臭い話です。


安保教授は薬漬け医療に批判的で、政府や医薬会社からは目の敵にされていたようで、研究室は過去何度も荒らされ、突然死ぬことがあったら殺されたと思ってほしいと講演会でも話していました。


長寿革命を標榜する安倍徹が69歳という若さで他界してしまったことを無視するわけにはいきません。実際、亡くなる直前まで精力的に講演活動をしており、本人の声で元気そのものでしたから死因を疑うのは自然なことでしょう。


不思議なことにこれだけの世界的著名人が死んだのにメディアは訃報すら取り上げません。ネット上からも痕跡が極めて希薄で正に存在を抹殺された形の摩訶不思議な「安保徹大動脈解離事件」です。本人の記録でもこの病気に至るための前兆がいっさいありませんから、謀殺を前提に弔いの纏めをここではいたします。ネットで指摘しながら何故か記録が何度も消去される「電磁波・指向性兵器」なら大動脈解離が起こせる、それは「氷の弾丸」で心臓発作を作れるような話に似てますが、私はこのような怖い話に立ち入る気はありません。



「安保徹の長寿革命」は意外とシンプルです。ガンが好む「低体温、低酸素、高血糖」体質が免疫力を落し、万病に繋がる。ストレスが続くと低体温・低酸素状態を導き、生活習慣的に高血糖状態を好んでしまい螺旋的に病魔が忍び寄る。多くの薬もそのストレスの一つであると喝破しました。


一方で年齢に合わせたライフスタイルを提唱し、若年時の解糖系エネルギー生成優位から年配者はミトコンドリア系エネルギー生成~すなわち低カロリー生活習慣へ転換することを推奨しています。



「病は気から」という最もベーシックなことを安保徹は庶民に諭す以上に、積極的に医療行政や製薬会社等へ批判を向けたのも彼の特徴でした。従って常に消去されても仕方ない存在になっていたようです。希代の発明家が突然の死をよく迎える様に・・・・



長寿革命は安保徹さんの専売特許ではありません。早川優の長寿革命論も忘れないでください(笑い)

因みに検索では、「早川優 長寿革命」で一度私の長寿革命を冷やかしに覗いてください。



「病は気から」は古今東西からの至言です。私はこれに「自分は健康長寿者になる」と大脳を騙して刷り込む必要性を唱えています。150歳まで元気でピンピンでいたいなら、そう信じて疑わずに生きれば150歳まで生きられる時代が来たのです。



安保さんがあまり強く言わなかったことが私の長寿革命論のキモですから、ここでおさらいします。


凛とした姿勢、しっかりした歩き方、若々しい立ち振る舞い、輝いた開いた目、生涯夢を追い、恋をする。そのためには体幹を鍛え、身も心もブレない永遠の青年たることです。

「手当」という東洋医学的な言葉がありますが、触れ合いも生命力を甦らせます。性的触れ合いが足りない人でもエステやマッサージで代用できます。



筋肉を鍛えれば成長ホルモンが出ます。骨も丈夫になり、姿勢や歩行もしっかりしてきて、若々しい行動が取れるようになります。筋肉だけでなく現在では血管や神経も初歩的なトレーニングで修復が可能であることが分かってきました。


これから先の医学や生体科学の進歩で、分裂速度の緩慢化や遺伝子修復技術、さらにはEPS細胞技術の応用で傷んだ器官を再生することも現実化します。


巷にあふれるサプリの中にもこれは凄いというものが目白押しで出てきてますが、そうしたすべての進歩の恩恵を期待しながらも、基本は「若く、明るく、健康長寿を信じるマインド」だと言うことをキモに命じて下さい。


多くの人が「真正老化」を待たずして「仮性老化」のまま老い萎えていく姿を見るのは忍びない思いです。病気を恐れるあまり不安のストレスで病魔を導いてしまう悪循環も断ち切りましょう。



最後に安保徹さんの冥福を祈るとともに、安保徹の長寿革命論の骨子を今一度復唱してみて下さい。免疫力を上げて医者いらずのカラダを取り戻しましょう。


早川優の哲学のコアが「長寿革命」です。21世紀三つの革命の牽引役が長寿革命になると信じています。

強い日本がより強くあるためにも長いスパンで国家百年の大計を論じることができるように健康長寿を一人一人が実現させねばならないと思っています。

「長寿革命から超価値の創造へ」これは日本人が一番得意とするところです。隣国の姦しい共産主義者らの自己中心的発想では決して実現できないことです。(笑)



hayakawamasaru at 18:12|PermalinkComments(0)

2017年01月14日

世界の軍事力~中国の軍事力~何が脅威か?


SVTCEO早川優のブログ「中国の軍事力は果たして脅威なのか?」 というテーマのアメブロ書き始めを全文掲載します。
http://ameblo.jp/m-hayakawa/entry-12238094551.html

中国という国は共産主義独裁国家です。共産党と軍が微妙な力関係を保ちながらも、中華思想による世界併合の野望に燃え、領土拡張の野心を隠しません。周辺諸国や辺境異民族はもとより自国民にすら強権発動し殺戮もためらわない軍事国家です。

特に南シナ海、東シナ海での有無を言わせぬ横暴な立ち振る舞いに平和ボケした日本人は不感症になりがちですが、実際南シナ海や尖閣諸島周辺では連日きな臭い一触即発の緊張状態が続いており、自衛隊の皆さんは戦時体制に近い緊張感を持って日本の国を守っています。

一方沖縄は情報戦の戦場化し、翁長知事以下「反戦派」が中国の傀儡となって連日沖縄の武装解除を叫んでいます。中国共産党の世界地図には既に沖縄は中国領土に塗られています。勿論千年属国の朝鮮半島は真っ赤な色で塗りつぶされています。

敵は目の前にいるだけでなく、国内にも中国に同調する在日メディア、在日政党(民進党共産党)、在日不満分子らが「反戦」を旗印に中国赤化に応えているというトロイの木馬的構図になっています。

 

軍事力だけに着目すると確かに中国は米国・ロシアに次ぐ大きな軍事力を有しています。

クレディ・スイスが発表した「グローバリゼーションの終焉か、さらなる多極化の世界か」とのレポートで、世界各国の軍事力総合評価が数値化されていますが、

1位・米国⇒0.94

2位・ロシア⇒0.80

3位・中国⇒0.79

4位・日本⇒0.72

5位・インド⇒0.69

6位・フランス⇒0.61

7位・韓国⇒0.52

8位・イタリア⇒0.52

9位・英国⇒0.50

10位・トルコ⇒0.47

11位・パキスタン⇒0.41

12位・エジプト⇒0.34

13位・台湾⇒0.32

14位・イスラエル⇒0.32

15位・オーストラリア⇒0.30

16位・タイ⇒0.28

17位・ポーランド⇒0.23

18位・ドイツ⇒0.19

19位・インドネシア⇒0.12

20位・カナダ⇒0.10

番外の周辺国では、21位・ベトナム、36位・北朝鮮、40位・フィリピン

 

このスコアで正確な軍事能力を比較することは危険ですが、数値的にみると日本と中国の差は僅差です。

実は中国は自国の軍事力に自信を持っていません。理由は二つあります。

周辺諸国家の殆ど全てに緊張関係があり、特にインド・パキスタン・ベトナム・ロシア・台湾から手を抜くことはできません。フィリピンやインドネシア、インドシナ半島の各国も自由な戦闘を許しません。辺境の各国も同じです。

国内にも不満分子は多く、チベットやウイグルを筆頭に民族問題は一触即発です。

内憂外患にも関わらず、不満を吸収しクーデターを防ぐためにも覇権主義を貫くしかないのが中国の現状です。

従って、対極東戦争に限定すると、中国の軍事力は日米台軍の数分の一ということになります。

 

中華思想にも盲点があります。自己中心主義では戦争が難しいのです。お国の為にという発想が薄いのが中華思想で、これで戦闘能力以上に戦うことは無理です。お隣の韓国も小中華思想ですが、大きな中国には頭が上がらず、日中間で武力衝突があっても見て見ぬふりをすると思います。一度もまともに戦ったことが無い千年属国ですから、一つ間違えば共産側につきかねないので油断はできませんが、軍事力の割に大勢に影響なしと軍事専門家は見ています。

 

では何故共産中国が脅威か?ですが、日本のパヨクと呼ばれている「反戦」を叫ぶ好戦的な人たちを上手に操っているから危険なのです。

「トロイの木馬」の種は先の第二次世界大戦の敗戦と朝鮮戦争のときにばら撒かれました。

日本の国の戦後のどさくさに紛れて、朝日・毎日を筆頭とするメディアや政党、カルト、暴力団を在日が侵食したためにパヨクがのさばったのですが、これを経済面や情報面で強く後方支援しているのが中国共産党なのです。残念ながら、隣国韓国や在日の方たちは千年属国の宗主国には寛大なために、結局共産主義陣営に味方することになってしまったわけです。自由主義陣営であってはならない選択です。しかも中国は経済崩壊する真っ只中だというのに愚かな選択です。

 

従って張り子のトラであっても中国を侮れないくらい日本の内部からの侵食が危険なのです。朝鮮日報と揶揄される朝日新聞が火付け役でしたが煽りすぎて行き過ぎた反日活動のおかげで静かに韓流ブームやら何やらで侵食されかかった穏やかな日本人もようやく愛国の気持ちを思い出すことができたのは幸いでした。

 

日本が世界を先導する長寿革命、エネルギー革命、農業革命の21世紀の三つの革命を武器に強い日本を愛国心と哲学心を持って築いていきましょう!



hayakawamasaru at 20:57|PermalinkComments(0)

2016年11月17日

老後の心配より生涯現役を全うする努力が大切です。

つよいアメブロに「父母を見ながら生涯現役150年を改めて心に誓った今日この頃です♪」と言うテーマでブログをアップしました。

http://ameblo.jp/m-hayakawa/entry-12218909165.html



この春亡くなった実父の墓参りに家族で行きました。享年94歳、他人から見れば長生きした、大往生ということになるかもしれませんが、息子である私から見ると短命に終わったと残念に思っています。

墓参りの帰りに実母に会いに実家によりました。母も二か月後には93歳になります。父が亡くなってから母もめっきり年老い、随分小さく感じました。記憶も時折飛び飛びになり、私の息子母から見ると孫の名前も間違えたりするくらいで思わず涙が出てしまいました。

母は私の子供時代から貧乏で苦労が絶えなかったせいもあり、早くから背中が曲がってしまいましたが、曲がり初めのころもっとちゃんと注意してあげればよかったと悔いています。


父は軍人でしたが、敗戦の年から3年間カラフト抑留させられた苦しい体験をして帰って来てから母と結婚してすぐに私が生まれました。物心ついたころの父親の印象は、がっちりした体形の優しい父親でした。一度もしかられた覚えがありません。そのまま80歳くらいまでは元気に働いていました。仕事を辞めてから庭仕事をするくらいで、のんびり暮らしていました。姿勢こそ崩れませんでしたが、次第に動くのが億劫になると足腰が弱くなり、90歳を過ぎたころから次第に生気がなくなっていったのが印象に残っています。


アンチエージングの立場から言うと、現役から退いた時から老いの坂道が急になるようです。現役を退くとどうしても気が萎え、カラダを動かさなくなり、筋肉が衰えるのと比例して骨が脆くなっていきます。

筋肉の衰えとも相関がありますが、姿勢が悪くなると積年の悪しき習慣でカラダが歪んでいきます。カラダが歪めば筋肉も衰えていく悪循環が進行します。


私の健康長寿論の原点から言えば、老いは気の萎えと筋肉の衰えから生じます。従って生涯現役でいることが限界寿命まで生きる秘訣になります。姿勢を正し、凛と生きれば生涯色気を発し、死神が寄って来ることはありません。カラダの歪は生活習慣から来ますが、自分ではなかなか気づかないのでお互いに声をかけあって注意しあうことが必要です。良い生活習慣とポジティブな精神習慣がマッチングすると誰でも百歳現役が当たり前になりますが、これからの医学や科学の進歩を考えたら、人生150年や200年も我々の時代に実現可能になるやとも言われています。


生涯現役であれば平均寿命と健康寿命の差が限りなくゼロに近づき、限界寿命に限りなく近づくことも可能になります。従って少子高齢化問題もなくなり労働人口の低下も社会保障問題も減少していき、シルバー世代がGDPも押し上げて強い日本の経済を支えていくことができます。


既に、医科学の進歩は限界寿命を押し上げることに成功しつつあります。既に限界寿命150年は科学者の間から常識になりつつあり、今後どこまで伸びるか期待でワクワクします。

問題は早く平均寿命という間違った呪縛から脳を解放し、生涯現役で生きるライフスタイルを身に着けて健康長寿を信じて生きることです。


人の大脳は、老いや死期を平均寿命から類推してプログラミングしてしまうようにできています。だから、人の寿命が80歳と思った人はその辺りで死んでしまいます。一昔前の人は平均寿命を50歳と思い込んでいたので50歳で老い死んでいきました。


日本の国が長寿国世界一になったのはつい30年前からです。平均寿命は昭和22年まで40歳代で低迷しており、先進国の中でも最下位でした。衛生面や医学面の貢献もありましたが、和食と洋食の融合を戦後一早く確立させたことによって劇的に日本人の平均寿命を延ばすことに成功し、世界中から日本の食文化に注目が集まりました。美しい国土と世界一の環境基準、和の心もそれを後押ししてくれているのも見逃せません。


今の医学や生理学、科学の進歩は疑う余地もないくらい既に進歩が止まりません。古い平均寿命の常識から早く新しい未来の平均寿命を脳に信じ込ませて健康長寿を自分のものにしましょう。気が萎えカラダを動かさなくなる最大の原因は死のゴールを古い常識にセットしているから生じます。まだ人生の半分と思ったら、今からガンガン仕事してカラダ鍛えて恋もたくさんして人生を楽しくさせることができます。


カラダの具合を心配するあまり、病院に検査漬けになって病気を貰ってくるような人がたくさんいますが、自分のカラダの声を素直に聞けるようになれば病院とも無縁の生活ができます。病も老いも気から。ガンですら気の萎えや不安が免疫力を奪って増殖させてしまいます。健康な自分を信じて生涯現役、長寿革命をみんなが実践して強い日本を作っていきましょう♪


結局、生きている証である大脳の働き、その大脳を委縮させてしまうような思考回路が私たちの寿命を決めてしまうという事実に早く気付くことが何よりだということです。

年相応に老け込むと言う考えが、日常から夢を奪い去り積年の怠惰の繰り返しでカラダを萎えさせていくサイクルに陥るなんて馬鹿げています。既に生命科学の世界はある程度の資金負担をすれば現在の還暦世代くらいまでなら150歳まで健康に生きることは難しくなくなっている以上、今一度青年に戻ったつもりで自分の気とカラダを見つめなおしましょう!



hayakawamasaru at 17:24|PermalinkComments(0)